水道水 塩素 身体への影響は?お薦めの安全なお水を使用できるようにするには?

皆さんが、家で飲んでいるお水、お味は、どうですか??

僕は、学生の時、東京の新小岩岩に住んでいた時が、あるのですが、
その時、地方から、出てきて、始めて飲んだ水道水の水を飲んであまりに、味が、美味しくなくて、ショックをした思いでがあります。

それ以来、飲み水は、お湯を沸かしたり、ペットボトルで、買って飲んでました。

おそらく、水道水で、殺菌をするために、塩素の量が、若干、多かったから、美味しく感じなかったのでしょうか?

いろいろ調べてみたら、どうやら、僕の想像どおりで、
地方都市においは、水道水 1 リットルあたり、0.4 ~ 1.0ppm の塩素が入っているのに、関して、都市の東京、大阪、福岡では、水道水 1 リットルあたり、1.0~1.5ppmもの塩素が、入っているようです。

まあでも、しっかりお水を殺菌してくれるおかげで、コレラや赤痢やチフスといった恐ろしい伝染病とかにもかからなくて、いいのですが、でも、その反面、長年、このような、若干、塩素の含まれたお水を飲み続けることによって、身体にも悪い影響を与えている場合が、あるというのも事実です。

このような塩素の含まれるお水を飲まなくても、シャワーをそのようなお水で、した場合も、皮膚から、あるいは、呼吸(25度の温度でガス化してしまうこと)により、体内に塩素を取り組んでしまうので、本当にお勧めできません。

という事で、

特にアレルギーで、肌の弱いお子様もおもちの方や、喘息等の呼吸器疾患のある方は、なんらかの方法で、塩素を取り除く方法をかんがえた方が、いいです。

一番、簡単な方法は、浴室のシャワーヘッドにシャワーヘッド型浄水器を取り付けるというのが、あまりお金もかからないので、お薦めです。

家で、使用するお水のすべてを浄水器をつけたい、でも、あまりお金が、ないという方は、浄水器をレンタルという方法もあります。

これで、安全で、美味しいお水をいついでも、使用できて、うれしいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする